谷まりあのムチムチ太腕画像特集!タンクトップ&ノースリーブが可愛い過ぎる件

出川ガール

パキスタン人の父、日本人の母を持つハーフモデルにして、イッテQ出川ガールでは男性ファンを虜にしている谷まりあさん。

彼女のインスタ画像を見ると、二の腕を強調したむっちりムチムチなビジュアルを前面に出していて、とにかく可愛いの一言です。

今回は、谷まりあさんのタンクトップノースリーブ画像で見ることができるむちむちビジュアルについての考察です。

 

谷まりあは腕見せが鉄板!眩しいタンクトップ&ノースリーブ画像

谷まりあさんは早稲田大学在学時に「ViVi」の専属モデルとなっただけあって、スタイル抜群のモデルさんです。

しかし、細身のファッションモデルというわけではなく、肉感的なイメージがありますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maria.Tani 谷まりあ(@mariaaaa728)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maria.Tani 谷まりあ(@mariaaaa728)がシェアした投稿

「ViVi」は10代後半〜20代の女性が読む雑誌なので、そうですね、ちょっとギャルっぽいテイストもウケるんでしょうか。憧れの対象として。

この、二の腕のボリュームが素敵です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maria.Tani 谷まりあ(@mariaaaa728)がシェアした投稿

おそらく、彼女はこの腕をウリにしているのではないかと思われます。評判がいいんですよね、特に男性からは。むっちりしていていい、とか、このムチムチ加減がベストだ、と。

そして、女性達からも、健康的なフォルムの谷まりあさんへ称賛の声が。

きっと彼女は、痩せすぎないことをポリシーにしているんだと思います。これが、たくさんの女子をある意味で元気づけてくれているのではとも。

イッテQでは、面白いことをやってくれる女の子という役割で楽しませてくれますが、本業のモデルとしての顔も、非常に美しく洗練されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maria.Tani 谷まりあ(@mariaaaa728)がシェアした投稿

この、肩から肘にかけてのボリューム感が素敵すぎますね。

もう、完全に『武器』としてこれでもかというほどにファンの目の保養になってくれている!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maria.Tani 谷まりあ(@mariaaaa728)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maria.Tani 谷まりあ(@mariaaaa728)がシェアした投稿

個人的には、谷まりあさんはが似合いますね、黒が。現在25歳ということで、益々大人っぽさに磨きがかかっているというか。

私としては、谷まりあさんがムチムチむっちりでも全然アリです。その健康美を追求してほしいと思いますね。

きっと頭もいいはずなんですけど、それを見せびらかさないところも好感が持てますし、 まあ、とにかく可愛いことが全てです(笑)。

 

谷まりあ

出典:https://www.instagram.com/p/BD3RVQJSSaH

谷まりあは他の出川ガールのお陰で光っている?

谷まりあさんの出川ガールでのイメージは、

ナイスバディな子

です。

谷マリア

出典:https://www.instagram.com/p/COFOYtYLIhW

同じく出川ガールズの古参である河北麻友子さん、堀田茜さんが細身だということもあって、谷まりあさんのスタイルがひときわ目立っているわけです。

あと、デヴィ夫人も近くにいたら、デヴィ夫人&谷まりあ vs. 河北麻友子&堀田茜といった図式にもなりますね(笑)。デヴィ夫人も肉感的なので(笑)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maria.Tani 谷まりあ(@mariaaaa728)がシェアした投稿

最近では箭内夢菜さん、横田真悠さんが出川ガール新メンバーになりましたけど、箭内夢菜さんもムチムチ系かな?

箭内夢菜 太ってる方が可愛いかった!現在と顔でかい期〜痩せ期を画像比較

そんなわけで、イッテQに出演している時は、特に谷まりあさんのむっちり体型がより印象付けられるというわけです。

もし、出川ガールが同じ系統のアイドルばかりだったら、さすがの谷まりあさんも少し地味に見えるかもしれません。

谷まりあ

出典:https://www.instagram.com/p/BmBAGYXFvCC

例えばですけど、筧美和子さんとか篠崎愛さんとかで出川ガールを固めていたら、太刀打ちできないかも!?

一方で、 河北麻友子さんと堀田茜さんは、そっちはそっちで『スリム体型で羨ましい!』と言われるわけですから、これはもう、相乗効果でしょう。

そこまで考えてキャスティングしていたとしたら、日テレ天晴ですね!

 

実はむちむちボディにコンプレックスを持っていた谷まりあ

『ViVi』の専属モデルやイッテQの出川ガールズなど、順風満帆の人生を送っているように見える谷まりあさんですが、チャームポイントである肉感的なスタイルをコンプレックスに思っていた時期もあるようです。

なんでも着こなせる人が本当のモデルなのかもしれないけど、私はきっとそうなれない。今でも堂々と「モデル」って言っていいのか、わからなくなる時があるの。ViViモデルになって、生まれてはじめて体型を指摘されて、最初はそれをどう受け入れていけばいいのかわからなかった。「痩せなきゃ」って自分を追い込んだ時期もあったけど、そうすると、まりあらしさをどんどん失っちゃって……。
出典:https://www.vivi.tv/post47315/

しかし、そこで無理にダイエットに走るのではなく、自分らしさを追求していった結果が、今の谷まりあなのです。

特にモデルを始めた最初の頃は、周りがみんなかわいくて、スタイルが抜群で、それに比べて私は……とコンプレックスの塊になっちゃってました。でも、自分は自分だし! って思いなおして、切り替える努力をするようになったら、仕事もより楽しめるようになったんです
出典:https://www.wine-what.jp/entertainment/35306/

このような考え方で頑張っている彼女に共感する女性たちも多いはず。

谷まりあ

出典:https://www.instagram.com/p/CP-rMauLl1E

バラエティ番組で見る彼女は笑顔いっぱいで楽しんでいるのがこちらにも伝わってきますが、そんな風に仕事ができているのも、谷まりあさん自身がこの職業と、そして自らの存在価値と真剣に向き合っているからこそのことだと思う次第です。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました