【解説】小林豊が事務所にバレず勾留も無かった理由詳細!なぜ今契約解除?

小林豊 契約解除 分析

ボイメン(BOYS AND MEN)のメンバーにして仮面ライダーバロン役を演じた俳優の小林豊さんが所属事務所のフォーチュンエンターテイメントを契約解除になりました。

解雇クビの理由はあなたも知っての通りですが…

なぜ、なんで小林豊さんはあのようなことをしてしまったのか。

今回は、小林豊さんが契約解除に至った経緯と、問題とされた行為の動機について掘り下げていきます。

 

小林豊が事務所契約解除になった理由

今回起きたのは、以下のような事件です。

小林は福岡市内の薬局で万引きをし、その後店員に捕まり、警察に連行されていたことが「文春オンライン」の取材でわかった。万引きした品物は、ヘアワックスや化粧品など6点で被害額は9000円程度だった。
引用元:文春オンライン

ゆーちゃむこと小林豊さんはボイメンのメンバーですが、ボイメンと言えば、愛知県警察広報大使を務め、

BOYS AND MENとBMK、愛知県警の広報大使に「交通事故などで悲しまれる方が1人でも少なくなるように」

『学んで、まもろう!ボイメン防犯塾』というイベントに出演するなど、防犯関係の仕事を各種やってきました。

以下は、平松賢人さんと護身術訓練を実演する小林豊さん。

ボイメン 小林豊 愛知県警

出典:引用元:愛知県警

愛知県警察広報大使は8年連続でやってますから、今回の小林豊さんの件は愛知県警にとっても残念な結果になったことでしょう。

文春オンラインの取材によると、

文春オンラインTV #116《万引きでマネジメント契約解除》「BOYS AND MEN」俳優・小林豊が薬局で万引きし、警察に連行されていた

福岡の天神駅近く、福岡市新天町商店街にあるドラッグストアで事件が起こったとのこと。

閉店前の20時頃、レジから離れた壁際のスペースで小林豊さんはやらかしたそうなのですが、その時の小林豊さんはダボっとした袖の黒いパーカーを着ていて、捕まった時はお腹にあるポケットから品物が複数出てきた、と。

 

昨年10月の不祥事でなぜ今契約解除??

ちょっと気になったのは、今回の報道で発覚した小林豊さんの件は、昨年10月の話です。

ボイメンはこの時福岡市で仕事があったので、その際に起きたものと思われます。

以下は、同じくボイメンのメンバー本田剛文さんの10月2日のブログです。

しかし、小林さんはその後10月4日に名古屋に戻り、現在まで普通に仕事をしていました。

これはどうやら、被害金額が大きくなく弁済もし、お店側も寛容だったことから、逮捕には至らなかったことが要素となるのではと思われます。

つまり、事務所には知られずに警察とお店とのやりとりを小林さんが処理した、と。

一方で、今回の突然の契約解除については、所属事務所は以下の発表をしています。

小林豊についてはかねてより、本人から別の理由で退所を希望する旨の申入れがあり、協議の上でそれを受理することとし、本日(4月8日)17時に「BOYS AND MENからの卒業」を発表させていただく予定で準備をしておりました。しかし、上記の事実が判明したため、急遽、契約の解除に踏切ったという経緯となります。
引用元:フォーチュンエンターテイメント

という、急転直下の展開があった様子です。

事件当時、警察から釈放されて自由の身になるにあたって必要な身元引き受け人は、事務所の人間ではなく、連絡を受けた家族(両親)だったそうです。もしこれが事務所のマネージャーなどであれば、この時点で契約解除になっていたかもしれませんね。

そして、文春の取材に対して事務所側は、この件に当時は関知しておらず、隠蔽の事実はないと答えています。

そして文春からの指摘で今回事務所はこの件を知ったという情報もあり、すると、文春にリークがあったということでしょうか。

文春も、このタイミングで爆弾を落とすというエグいことをしますね。。

でもあれですね、福岡県警はこの話を愛知県警にも通達していなかったのでしょうか??逮捕に至っていないのでひとまず穏便に済ませて、それでも事実だけは裏で流しておいた、とか。福岡と愛知の関係性も気になります。あんまり連携してないのかなとか。

小林豊さんとしては、いつかは発覚してしまうと危惧し、早めにグループを脱退しておこうという心算があったのかもしれません。

 

人気タレントなのになぜ小林豊はあんなことを?

よく言われているのは、万引きは経済状態に関係なくやってしまう人が多いので、これは病気だ、という話がありますよね。

クレプトマニア、というやつです。

レプトマニアを日本語に訳すと「窃盗症」といいます。精神医学的には、国際疾病分類(ICD-10)で、「病的窃盗」と記載されています。つまり「窃盗(万引き)を止めたくても、意思の力では止められない」依存症という病気なのです。この「盗み」の形態はほとんどが万引きというかたちをとります。つまり盗むことに耽溺(たんでき)した状態といえます。この盗む行為は、盗みたいという衝動により対象行為時は緊張感を味わい、成功時に開放感・満足感を得るといわれています。実は、盗む物や結果に対してはあまり関心がなく、一般的にはほとんど価値がない物だったというパターンが多いです。
引用元:榎本クリニック

小林豊さんも、ボイメンや仮面ライダーなど、着実にキャリアを積んできた芸能人です。お金に困っての行為ではなかったと思われます。

また、愛知県警察広報大使という肩書がさらに、上記文献でいうところの『対象行為時は緊張感を味わい』という部分の度合いを強くしていったのではと思えます。

なので、これは不祥事ではありつつ、反省して解決する類の話でもないのかな、と。

 

小林豊の今後はどうなる?芸能界引退 or 転職か

今回の件は本人も否定せず全面的に認めているということですから、責任を取りつつ、人生の仕切り直しをしていくことになります。

個人的に思うのは、本人も十分反省しており、隠し続けたのはよくなかったけど、もう全てを失ったのだからこれで一旦一区切りかな、というところです。

完全にバッサリと社会から排除するのではなく、これからの彼の生き方を見ることによって世間も判断していけばいいのではと。

まあ、こういうことですね。

ボイメンファンは悲しみに暮れていると思いますし辛いと思いますが、ここはしばらく、見守るということでもいいんじゃないでしょうか。

【解説】志尊淳はなぜ東谷義和に嫌われたのか…ガーシー砲の暴露内容は?
ガーシーこと東谷義和さんが暴露リストに名前を入れている、志尊淳さん。 この投稿をInstagramで見る ...

甘いかもしれませんが、これが武士の情けだと私は考えています。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました