久保優太の暴露動画&文字起こし!八百長&LINEは本物だった(RIZIN.33 シバター戦)

久保 シバター やらせ 分析

遂に久保優太選手がRIZIN.33久保優太 vs シバター戦舞台裏を赤裸々に語りました。

青汁王子こと三崎優太さんのYouTube生配信に登場した久保優太選手が、シバターさんの『八百長はしていない』『LINEは捏造』という主張に対して、反論を展開。

【祝2022年】火を見ながらあけおめ配信。今年は覚悟の年にしよう、一年後に必ず笑おう。

以下は、久保優太選手が語った内容の文字起こし・要約文になります。

 

久保優太 シバター戦のやらせ・八百長疑惑を語る!

以下、動画内で久保選手が語った内容の要約です。

台本を持ちかけられたっていうのはあって

シバターさんから突然インスタグラムからメッセージがあって

(シバターさんが棄権しようとしていたのは)ガチだったらしくて

辞退してすみませんでした、という感じの連絡がDMで突然来た

(シバターさんは)パンチをもらうと身体が痺れてしまうと言われた

返信で、レフェリーもいるし障害になることもないしカードも発表してしまっているからやりましょうよ、と言ったら、電話をしていいですかとクリスマスに返ってきた

そこで台本の話をされて まず顔を殴らないでくれって話で 蹴りは蹴っていいって話だった 蹴りはいくらでも受けますみたいな感じで

てっきり安保選手や朝倉未来選手とかがやっているいつものやつですよね、みたいな感じ(土下座してお金を払って八百長を持ちかける)ですよねって言ったら それは違うみたいなことを言ってて

僕は信じてなかったので録音を取っていたので証拠とかあるんですけど

(シバターさんからは)それを飲んでもらえなかったら契約もまだしてないんで、カード発表はされているけど辞退しますんでみたいな感じになってて

台本というかその約束事をやってくれるんだったら契約しようと思うんですけどみたいな感じで

僕も心苦しかったのはカード発表もされてて応援してくれてる方のチケットとか みんな動き出しちゃってて 試合をやるために

僕も試合が流れるのは困るというか そもそも違うカードがあって そのカードが流れちゃったんで 今回のシバターさんの話になって

なので2回も流れるのはちょっともう 大晦日の出場のチャンスもなくなっちゃうし

試合を成立させることを僕の中で優先させなきゃいけなかった ちょっと考えて わかりましたってことで返信させてもらって

シバターさんの意向に沿うので試合やってくださいみたいな感じで答えてしまった

僕もずっと疑ってたんで もしかしたらいきなり仕掛けてくるんじゃないかみたいなのは計算する シバターさんはYouTube上でしか見てないけど信用ならないっていうのはあったんで

ただ今回は供託金とか誓約書を書くという話をシバターさんが言ってて 関節技いきなり取って裏切ると久保さん疑ってますよねと言われて

シバターさんは1Rで決着をつけないでくれというので 顔は殴らないで蹴りはいくら蹴ってもいいですってことで

1Rは視聴率とか てんちむさんとか知り合いの方を呼んでで そのためにも2Rが映らないと色々不都合があるみたいな 2R目までは何とかお願いしたいっていうことを言われて

2R目は、クリスマス(の時の会話)の時は、合図をするんでハイキックを打ってくれみたいな それで私(=シバターさん)は倒れますみたいな提案だった

とはいえ裏切ると思ってるんじゃないですかと 全然私負けていいんで怪我だけはしたくなくて その理由が 顔に障害があって パンチを顔にもらうと痺れちゃって 娘さんや奥さんがいて 今日も娘にクリスマスプレゼントを…っていう話をこう 家族が大事だって話をしていた

(それを聞いて)僕の中で揺さぶられてしまった

僕もちょっとまずいというか さすがに信じられないなっていうところはあった

前日にまた連絡があって 明日は覚悟ができたんで2R目はハイキックとかの台本はナシでいいので1Rだけちょっとお願いできませんかっていう 流すことだけお願いできませんかって言われて

やっぱ試合を成立させることを優先にじゃないですけど 怪我させちゃったらいけないのかなとか 娘さんの背景とか言われてたんで ちょっとこう自分の中で これはよくないことなんだけど 試合はもちろんルールとかがあれなんで 自分の中では2Rで倒せばいいかぐらいの

そこで1つ目のパンチでびっくりしちゃって パンチはなしって聞いてたんでびっくりしちゃったっていうか そこは自分の弱さであってしょうがないというか そこは自分の敗因だと思ってるんで

これがほんと壮大な『絵』だったらシバターさん凄いなって率直に思う 完敗というか今はそんな気持ち

対戦相手には今まで僕も連絡取らなかった (シバターさんの)YouTubeのやらせのこととかも聞いてたんでその類だなって思っていた 今回は違うってことだったんで 自分の中で本当に勉強になったというか

(流出したLINEは)本物ですね 僕は誰にも言ってなくて みんなを裏切っちゃってる話になってるっていうか

手を抜くって言ったら言い方はアレだけど 自分の中では2Rで勝負だなぐらいにちょっとこう 思ってたんで

背景とかも みんなを巻き込んじゃいけないとか スポンサーさんだったりトレーナーの先生達だったりサラちゃんだったり 言えなくてどうしようかなっていう感じで リングに上がってしまったみたいな

自分の中では動画で思いの丈とか謝罪とかしないといけないっていうのがありますし

そもそもシバターさん最初から僕をはめ込む気で…最初から僕も本気で行きたかったかなっていうか

 

久保優太はシバターに完全に嵌められた??

以上が久保選手の告白でしたが、これが本当だとすると、シバターさんは最初から『ブック破り』をする予定で、また、仮にこの話が表に出ても利になるような導線を用意周到に張っていた、ということになるのかもしれませんね。

一方の久保選手は、1週間前に試合が流れて、2つ目のチャンスとしてシバター戦が来た、と。

しかしこれも流れるとRIZINへの出場が今後なくなってしまうかも、という危機感から、シバターさんの話を(何の話かわからないが)聞いてみよう、ということになったのではと。

まさかヤラセ、八百長のオファーとは夢にも思わなかったでしょうけど、シバターさんが試合に出てくれるのであれば会話をする意義はある、と判断したのではないでしょうか。

そして娘さんの話が出てきて情に絆されてしまった。

このあたりが全て計算として仕掛けられたのであれば、恐ろしい策士ですね、シバターさんは。。

RIZIN大晦日大会での疑惑について

試合の中ではルールに沿って戦い、反則はしない。しかし、相手の戦闘能力を下げるための仕掛けをリングの外で狡猾に実行する。

そして、仮に全てが暴かれて全てを失っても、お金は逆に稼ぎまくってしまう。

戦国時代の弱肉強食を見た思いです。恐ろしい。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました