鈴木亮平は悪役演技が最も上手い説!孤狼の血の眉毛とパーマもかっこいいぞ

分析
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/鈴木亮平_(俳優)

『孤狼の血 LEVEL2』で五十子会上林組組長・上林成浩を演じる鈴木亮平さん。

もみあげがありません。眉毛も薄いです。パーマです。

怖いです!!

今日は、

鈴木亮平は意外に悪役を演じさせると上手いし一番向いている

という件についてです。

なぜ『孤狼の血 LEVEL2』に鈴木亮平なのか

鈴木亮平さんは、男らしくも爽やかで正義感が強そうな役柄をまずイメージしますね。

小沢仁志さんとか菅原文太さんみたいな感じでは、まずないです。

ところが、ヤクザ役がかなりハマっていると今回は評判です。

『孤狼の血 LEVEL2』

映画『孤狼の血 LEVEL2』本予告②/8月20日(金)公開

眉毛を剃り落とし、もみあげを剃り、そして、わかりやすいチンピラパーマ!

役作りに際して、この風貌で生活するのは大変だったでしょう、鈴木亮平さん。

前作もそうだったのですが、えっこの人でいいの?という人をヤクザにしたりしてますよね、キャスティングは。役所広司さん、江口洋介さん、嶋田久作さん、ピエール瀧さん、中村倫也さんなんかは私にしてみれば最初、嫌な、物足りない人選だったんですよ。だったらVシネの常連を連れてくればいいのに、とか。

でも、良い方向で期待を裏切ってくれて、凄く迫力のある仕上がりになってましたね〜。

今回も、えっ、鈴木亮平がなんで??というところをひっくり返したい、という制作側の意図が見えてくるんですよね。爽やかな鈴木亮平にこんな役をさせるなんて、という感想を持たせようという挑戦です。よく選んだなあ、と。そして、よくハマると判ったなあ、と。

鈴木亮平さんは、『孤狼の血 LEVEL2』では、松坂桃李さん演じる主人公の日岡秀一刑事と真っ向から対立する五十子会上林組組長を演じています。

主人公のメインの敵だけに、相当恐ろしく、強い悪役でないといけませんよね。

普通、どんな俳優でも眉を剃り落とせば迫力は出るものです。

しかし、鈴木亮平さんは見てくれだけでなく目つき、口の動きもかなり怖く演じてくれています。おそらく、松方弘樹さんをかなり勉強しているはずです。特に、『県警対組織暴力』で広谷賢次を演じた松方さんですね。

映画『孤狼の血 LEVEL2』キャラクター動画・上林編/8月20日(金)公開

あと、キレっぷりは『仁義なき戦い 広島○闘篇』に登場する、千葉真一さん演じる大友勝利も混ぜ込んでますね。

『東京トライブ』のメラを演じた時もキレまくってましたけど、あれは肉体派で若々しい感じでしたね。感想としては。こっちの上林成浩は内面の狂気を感じますね。

ちなみに、『たいぎぃんじゃわりゃ〜!!』は眠たくなるようなこと言ってんじゃねえぞお前!的な意味だと思ってください。私は山口県民ですが、山口弁でも使います。

鈴木亮平さんはガタイがいいから、ヤクザ役が本当に似合います。声量もあるしイイ響きの発声をしているので啖呵を切るのも迫力あるんですよ。

前作では竹野内豊さんが大友勝利をパロってましたけど、鈴木亮平さんも大友を演じきれる力量があると思います。

『テセウスの船』の田村心役が最もハマり役かと思っていたけど、上林成浩はそれを超えましたね。竹内力さんをそのうち脅かす存在になるかも!?

とにかくガタイがいいのと、大和田常務ばりの顔芸も身につけた感じが爽快です。

ただ、往年の東映ヤクザ映画が好きな人にとっては、脚本の池上純哉さんの作風が好みのわかれるところかなとも思います。

『任侠ヘルパー』「極悪がんぼ」『アンダルシア 女神の報復』あたりを手掛けた脚本家、と言えば作風がほんのりわかるかと思います。

私は、鈴木亮平さんに『県警対組織暴力』の広谷賢次を演じてもらいたいんですよね。絶対ハマると思います。

鈴木亮平

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/鈴木亮平_(俳優)

鈴木亮平のこれまでの演技力評価

鈴木亮平さんは、役者としての技量はもちろん素晴らしいと思いますが、でも、超技巧派ではないと思います。雰囲気、目力で魅了してくれるというか、全力でぶつかっていく感じの演技が魅力だと思っています。

「天皇の料理番」では役づくりで20キロも減量をして、役者根性が凄いと思いましたね。ストーリー内で徐々に痩せる設定だったので、撮影の中で本当に徐々に減量したんだとか。

「西郷どん」の感想は、本来の、というかナチュラルな鈴木亮平さんの魅力を出せる役と思いましたね。温厚で、優しい人柄。しみじみしてしまうシーンの数々が感動的でした。

NHK大河ドラマ「西郷どん」完全版 第壱集 BD/DVD告知

『孤狼の血 LEVEL2』では顔芸的な表情で存在感出してますけど、ただ柔らかく笑っている鈴木亮平さんも、実にいいものですね。

どちらかというと、実際の人生の濃さが演技ににじみ出るタイプの役者さんだと思います。デビュー前は、芸能事務所に飛び込みで履歴書を持ち込むというガッツを見せていたり、身体を鍛え抜くストイックさを持っていたり。

そして東京外国語大学外国語学部卒業。英語堪能で、頭がいい!

男としてのかっこよさをいくつも持ち合わせているのが、鈴木亮平さんなんですね。

そんな人物像が、あの幅広い役作りに生かされているんじゃないかなあ、と思う次第です。

鈴木亮平のヤクザ役・悪役はたまに出すと映える飛び道具!

今回の『孤狼の血 LEVEL2』で組長役がハマってしまった鈴木亮平さんですが、だからといって毎回こういう役がこれからやってきて、そこに定着するということは賛成しません。

『西郷どん』をやり、『テセウスの船』をやった後だから、おおお!となるわけでして、最初からVシネの端役で下積みして徐々に上に行く、みたいな道のりだったら、こうはいかないでしょう。

鈴木亮平は、悪役が一番似合う。怖い。上手い。かっこいい。

でもそれは、優しくも暖かい人物を演じているからこそ気づけることであり、面白いところなんですね。

山田孝之さんが『全裸監督』で村西監督を演じたのは『まさしくハマり役!』と思ったものですが、彼は元々怪優的な立ち位置でしたから。鈴木亮平さんは、『えっ、なんでアナタが』というところから勢いよくひっくり返してくれるところが痛快なんです。

そのうち、ハリウッドにも進出して欲しいですよね。

鈴木亮平、日本初上陸バーガーを試食!感想は英語で シェフに質問も 「ROPPONGI GREEN OASIS」オープニングセレモニー3

うーん、嫌味のないカッコいい英語!

でも、これ見た後で『孤狼の血 LEVEL2』のモミアゲを見たらちょっと笑っちゃいますよね(笑)。怖いのに。。

日本のヤクザ役で、何か刑事バディものの敵になってもらえないですかね。ブラック・レインで松田優作さんが演じた佐藤みたいなやつ希望!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました