在宅リモートワークの旦那がマジでストレス!妻の家事育児が全然楽にもならない体験談

放談

2020年はリモートワーク元年でしたが、2021年はそれに慣れてきた頃なので各種検証と改善のフェーズに突入したのではないかと思います。

旦那様の会社がリモートワークを推奨しているので、自宅に家族みんなでいる時間が増えた、という家庭が増えています。

すると、

やったあ!旦那に家事と育児を手伝ってもらえる!ていうか手伝わせる!!

と喜び意気込んでいた妻達も大量発生したはずですが、実際はそうもいかないようです。

今回は妻、奥さん向けの記事ですが、夫達もこれを読んで反省・改善しましょう!

旦那が家でリモートワークしているとウザい件

いつもはいないはずの旦那様が家に毎日いる。

普通に考えたらとっても素敵なことのようで、その慣れないシチュエーションに戸惑ったり、違和感や限界を感じている奥様も多いようです。

リモートワーク推奨、外出自粛的な風潮が出る前の夫婦関係があまり良好でなかった場合、夫が自宅にいつもいることでそれが改善されるか、さらに悪化するか、というようにちょっと振り切れてしまう傾向が強いように見えます。

まず、家にいるのに全然家事育児に参加してくれないという怒りの声がネット上でも散見されます。俺は家にいても仕事があるんだからしょうがないだろ、という言い分があるにしても、通勤時間分は時間が浮いているわけだから、その分は分担して欲しい、と思うのは妻達の自然なニーズでしょう。

それどころか、旦那が家にいるお陰で旦那の昼ごはんも作らないといけないし、手間が増えたんですけどー!という不満もありますね。

しかし、

テレワークになったことで通勤時間分も働かなくちゃいけないんだよ、仕事は続々と押し寄せてきてるんだよ、俺は暇じゃないんだよ!

と言われたら、何も返せないという奥様もいらっしゃいます。亭主関白な家庭だとそうなっちゃいますか。。

また、作業スペースの問題がありますよね。家で長時間PC作業するにあたって、作業場所が必要です。そこにずっといられると、妻はしんどいのです。カタカタと音を立て、ため息をつき、電話で仕事の話をし、と、その様子見ていると、あまり『頑張ってる』ようには見えない、という印象を持ってしまうケースもあるのです。

えっ、いつも会社でこんな風に仕事してるの?俺は大変だとか言って、この程度かよ。こっちは子供の世話から何から、1日中バタバタして苦しんでるのに!!

という感じで。

旦那が会社で何をやっているか、奥様は基本、よくわかりません。だから、『職場では難しいことをバリバリやってる。男らしく輝いている』という幻想をちょっとは持っていたのに、それを目の前で打ち砕かれたような気になるのです。

https://twitter.com/ponzu_sukiii/status/1252748883039420416

まあ、スウェット姿で、こたつでゴロゴロしながら、時折PCに向かって何やら仕事らしきことをしている、と思いきやYouTubeで宮迫博之さんの動画を観ている。なんて風景が毎日続いたとしたら、旦那に幻滅してしまうとしても奥様を責められません。

逆に、テレワークを始めた夫が子供の幼稚園の送迎や洗濯、掃除などを積極的に分担してくれるようになったら万々歳かと言えば、そこにも落とし穴があります。

奥様は旦那様の昼間の顔を知るように、旦那様側も奥様の家での日常を初めて知ることになるのです。自分が家を出てから帰るまでの間、俺の嫁はこんな風に時間を過ごしているんだ、と。

すると、そこにいちゃもんをつける夫もいます。もっとちゃんとしろ、と。

まあ、ちゃんとしていると思っている奥様だったら怒りの感情が湧くと思います。しかし、ちゃんとしていない自覚のある奥様の場合、そう叱責されたらつらいと思うんですよね。リモートワークのせいで、この家に住みづらくなったな。と。のんびりお昼寝とかこっそりお出かけもできなくなったし…。

それと、旦那の作業中、気持ちよく仕事ができるように協力を強いられることもあるでしょう。掃除機をかけたり、野菜をトントン切っている音を出したりとか、そういうことに文句を言われるケースもあります。あと、子供がうるさいから怒鳴られたり。

これが会社のオフィスだったら仕事をすることに特化した空間なので、家よりは働きやすいでしょう。だから、家でそのクオリティを求めると、夫婦での摩擦が生まれるのです。

https://twitter.com/misa_pumpkins/status/1280712666147778560

また、夫婦と言えどプライバシーの尊重は大事です。今までになかった『四六時中一緒にいる』というシチュエーションでそこが問題になることもあるでしょう。

気軽にTwitterを見れないとか、見られたくない行動が出来なくなったとか。いるだけで、プレッシャー。。

いつもはLINEでママ友とあれこれと(旦那様に内緒の)話をバシバシ交換していたのに、旦那がすぐ近くにいたらそれもままなりません。自分の時間が、減ったような気がする。そんな感情に襲われるのです。

というように、奥様の中には旦那が家にずっといる、という状況が非常にストレスだという人も多いのです。

在宅勤務の旦那にしてほしいこと・やめてほしいこと

まず、旦那様は一家の大黒柱です。しっかり稼いでもらって、家族が安定的な生活ができるようにしてもらわないといけません。

すると、昨今の状況って奥様も不安だと思います。旦那の会社は倒産しないか、リストラされないか、減給しないか、ボーナスはカットされないか。と。

だから、何よりもまず、うちは大丈夫というところを見せてほしい。安心したい。ということがまず1つです。

リモートワーク、在宅勤務で生まれた自由時間で、新しい勉強とか、スキルを身に着ける修行とかを始めた夫達も世の中にいます。そういう、家族のために時間を使っているという姿勢が大事なんですね。

そして、もちろん家事育児に積極参加してほしい。それも、『手伝う』ではなく『分担する』です。世の中が平和に戻ったらまた会社に通勤する日々が戻りますが、せめて今の期間だけでいいから私の負担を軽くして欲しい。そう思っている奥様もたくさんいるでしょう。

それから、家にいる時はなるべく邪魔でウザくないように、ストレスが生まれないようにしてほしい(笑)。その原因は家庭によって違いますから、その問題をじっくり考えて、家族で話し合っていくこともやらないよりはやったほうがいいですよね。

いるだけで鬱陶しい、イライラする!と思われている旦那様はもう可哀想ですが、、

家の中で場所を占有しているとか作業中うるさいとか、家のパソコンを使うから家族が使えないとか、そういうのも課題です。なので、家の中の場所や道具をあまり独占しないで欲しい、という不満ですね。

旦那側は在宅リモートワークをこう思っている

一方の夫側の言い分、気持ちも考えてみましょう。

家にいると奥さんにウザがられる、という自覚を持っている夫は、それはそれでつらいんですね。

作業に没頭している時に子供が騒いだり、料理や掃除でで大きな音を出されるたびに

『家族が食っていくための大事な仕事中なんだからもっと協力的になってくれよ!』

という不満を持ってしまうのがリモートワーク夫です。

また、家にいる時のストレスを通勤時間や勤務時間でリフレッシュ、リセットしてから家に戻るということができなくなってきたので、一日中家にいて、精神的にもしんどくなったりとか。

歩く量も激減し、圧倒的な運動不足で肥満が加速するとか。夫も諸々大変なのです。。

でもって家事育児、これが面倒くさい。家にいようが会社にいようが俺は仕事で忙しいんだから、ある程度は手伝うけどあんまり宛てにされても困るんだよな、という感情が芽生えてしまうのも致し方ないのか。

ここまで書いてみると何とも救いがないような話になってしまいましたが、最後に、夫側の動き方を変えることで随分と事態は好転するという話をしてみたいと思います。

旦那がこうすれば『リモートワークハッピー』は叶う!

一番いいのは、旦那が家にいるおかげでいろんなことが良い方向に進んだ。という結果ですよね。これは、夫側の努力がどうしても必要です。

まず、奥様の家事育児がどれだけ大変だったかということに理解を示し、リモートワークをしている期間は積極的にそれをサポートする。ということ。

ただ、サポートしているつもりでも奥様から見て物足りないというケースもありますので、どこまでやれば認めてもらえるか、を測ることは忘れずにやっておきましょう。最初の段階で。せっかく家のことを色々やるようになったのに、それが喧嘩の種になったら悲しいので!

そして、

『えっ、そこまでやってくれるの。助かる〜』

と思ってくれるところまで持っていくと、夫婦関係は確実によくなることでしょう。

次に、家で過ごす時の立ち振る舞いですね。旦那様は『主人』なのですから家の中でどうしていようと勝手なはず。…と思っているのは家の中で旦那様本人だけだったりするのでくれぐれもお気をつけください!

本来いないはずの人がいないはずの時間帯に家にいる、というのは妻にとっても子供にとっても異質に感じるものなのです。なので、家族にとって異質な存在であることを自覚して、徐々に溶け込んでいって下さい。これが極意です。

仕事するスペースの設定や、自分の姿が家族の目に映っている時はどう立ち振る舞えばいいか、を考えてみる。そんな面倒なことしたくないという夫、父親もいると思いますが、『リモートワークの旦那が家にいてウザい』という声が全国的に発生している以上は、無視できない問題です。

そして、これが非常に大事なのですが、感謝の気持ちを言葉で伝えること。この機会に、そのアクションを増やしていきましょう。家族だからしてもらって当たり前、と思わず、ありがとう、お疲れ様、の一言を妻にどんどんかけていきましょう。

2021年の修学旅行…親目線の意見・感想・体験談!安全で最高の想い出は作れるの!

さらには、笑顔。仕事が大変な局面でも、しかめっ面で丸一日過ごすのではなく、仕事から離れている時間は笑顔を心がけましょう。笑うと、精神的に前向きになれます。そのためにも笑いましょう。

仕事は家庭に持ち込まない、という価値観がありますが、今の日本、いや世界は、仕事は家庭に持ち込まないといけなくなっています。会社にいる時と同じ条件、モードで仕事をしてしまうと、家庭不和の要因にもなりかねませんので、そこは気にしておきましょう。

言ってみれば、これは男を上げるチャンスでもあります。

家にいるという状況を活かして妻に思い切りよくしてあげることで、今まで奥様に苦労をかけていた分、挽回することも可能です。

そうやって妻達からの評価を上げている夫達だっていますので。

https://twitter.com/aine_9_9/status/1276072088055345152
https://twitter.com/python__357/status/1266229799992737795

ちなみに、私はどうかというと、独りで会社を経営していてオフィスには基本、行く義務がないです。なので2020年3月以降は基本、家にいます。

私が担当しているのは、

・掃除機がけ

・お風呂掃除

・昼ごはんを作る

・食器洗い

・子供の習い事の送り迎え

・スーパーへ買い物

・子供(小学生)の遊び相手

などです。

巣篭もり生活が始まってからは料理のレパートリーも増え、炒飯とか回鍋肉とか麻婆茄子とか、作ってます。晩ご飯が鍋料理とカレーの時はそれも担当します。

私も5年前までは会社員だったのですが、独立起業してからは家にいられる時間が大幅に増えました。もちろん仕事はありますけど、家族と一緒にいたいというのが脱サラの大きな理由だったので、家事育児は積極参加してますね。

お陰で、奥さんからの信頼度もありがたいことに増えたんじゃないかなと思います。

それを叶えるにはある程度、働き方を改革しないといけませんので、その準備はしっかりやりましたよ。

旦那様に協力的になってもらうにはどうすればいいか、についての相談も私でよければ聞きますので、お気軽にコンタクトフォーム経由でメッセージをしてみて下さい。

現状をよりよくしたい旦那様からのご相談もOKですよ!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました