BTS 山田孝之 ヒカル…で詐欺疑惑!港区の手配師の名前&正体と告発事例

「港区の手配師」 ヒカル 文春 山田孝之 分析

《詐欺被害者が告発》山田孝之との“自粛破り沖縄旅行”にも同行 「港区の手配師」こと元アパレル会社社長Xが「BTSに会わせる詐欺」 その卑劣な手口とは…

という気になる見出しで文春砲が炸裂していますが、この社長とは誰で、一体どんな人なのでしょうか?

気になったので探りを入れてみた次第です。

 

ヒカルが告発した内容が生々しい…

騒動の渦中にいるのは、東谷義和(ひがしたによしかず)氏。

ヒカル、遂に本気で詐欺師を捕まえる為、動き出す

Z李さん、ヒカルさんというインターネット上で影響力のある人たちからも情報が発信されています。

ヒカルさんによると、

・自分の名前を使って騙す相手にお金(130万円)を振り込ませた

ヒカル 東谷義和

・被害者の新谷さん(ネットショップ経営)は東谷氏よりPRに起用できる著名人リストを渡される。その中に自分がいた。

ヒカル 東谷義和

ヒカル 東谷義和

ということがあったそうです。

本当にこんなことが起きるのか、と思ってしまいますが、東谷義和氏とは一体どんな人物なのか。

 

東谷義和氏とは一体何者なのか

東谷義和氏は東京都目黒区にある株式会社ever freeever freeという会社の代表取締役で、会社法人登記簿には以下の記述があります。

目的
1.アクセサリー、時計、服飾雑貨、アパレル製品等の販売及び輸出入
2.アパレル製品のデザイン及び企画
3.放送番組、コマーシャルフィルムの企画及び制作
4.録音、録画物、ビデオ映像の著作権の管理
5.芸能家の肖像、署名、愛称等を物品、商品等に使用せしめる権利の管理、開発及び販売
6.テレビ、アニメーション漫画、雑誌等に登場する人物、動物等の名称や特徴を施した
キャラクター商品についての登録商標の使用許諾に関する業務並びに上記商品の企画、
製造及び販売
7.テレビ、ラジオ、演劇、音楽ショーの企画、制作及びその請負
8.広告宣伝業務
9.広告代理店業務
10.各種イベントの企画、制作、運営及び管理並びにそのコンサルティング業務
11.飲食店の経営、企画、運営及びそのコンサルティング業務
12.前各号に附帯関連する一切の業務

文春砲にもあるように、山田孝之さんや新田真剣佑さんといった著名人とも交流があり、芸能界で豊富な人脈を持っていることは事実のようです。

一方で、以下のような声が多数噴出しているというのが現在の状況です。

よく見るのは、芸能人に合わせるから、という名目で手数料や実費を預かり、しかし会わせない、という事例です。

これが詐欺なのでは、ということなのですが、しかしながら詐欺の定義は以下になります。

詐欺の要件は、
(1)相手を欺くことによって相手方に一定の意思表示をさせようとする意志を持って、相手を欺くこと
(2)欺罔(ぎもう)行為(相手を欺く行為)があること
(3)だまされた相手が、欺罔行為によって錯誤に陥り、だました者が意図した意思表示をすること
上記の4つが詐欺の要件になります。
引用元:https://answerz-law.jp/explanation/post-5467/

ということになり、『意思』の部分の判定が難しいことから、立件するのも難しいと言われるジャンルの犯罪です。

今回は、実際に名前を使われた有名人からクレームも出ており、事実上そうなってしまう可能性も感じますが、私から言えるのは、芸能界にまつわるお金の話はおっそろしい、ということですね。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました