子供も喜ぶ夫婦円満の秘訣・具体的事例を解説!(家計・貢献・健康etc.)

夫婦円満の秘訣 放談

夫婦仲は、お金だけでは良好にならない件

最近、小5の娘によく言われるセリフがあります。

それは、

『お父さんとお母さん、ラブラブだね』

です。

…。

実際のところどうなのかは別として、

うちの両親は仲がいい

と子供が認識しているのは悪いことではないでしょう。

私の子供時代はそこの部分で全くいい記憶がないので、ホントそう思います。

先月末、大阪に行ったので数日家を空けていたのですが、

娘曰く、

『お母さん話を聞いてくれる相手がいなくてつまらなそうだったよ』

『お母さんいつもお父さんに甘えているからいなくて寂しそうだったよ』

とのこと。

私は週4回、奥さんを車に乗せてスーパーに買い物に行きます。

週4回一緒にお出かけ、なんて新婚時代でもやったことないです。

娘的には、これが

『お父さんとお母さんのデート』

だそうです(笑)。

5つくらいのお店を使い分けていて白菜を買う時はあの店、鮭を買う時はこの店、薬局にも寄りたい時は…といった具合に車を走らせます。

車に乗るようになってから2年近くになりますが、実に行動範囲が拡がりましたね。クルマって凄い〜!

買い物した後重い荷物を運ぶのは全部私です。奥様専属の運転手さんですね(笑)。

子供が生まれてから最初の6年間は、我が家には自動車もなければ、そもそも私自体が家にいませんでした。週6で出社して夜遅くに帰ってましたからね。

奥さんは長らく小さい子供を抱えながら雨の日もカッパを着て自転車に乗り、幼稚園の送り迎えやパート勤務、そして買い物に出かけていたわけです。今思うと、もう感謝しかないです。

これを当たり前のことと思っていた自分が恥ずかしいです。

当時、実家の母親からはその状況について

『アンタお嫁さんに苦労かけすぎやないんかね』

とよく叱られてまして、遂には

『もう職を変えろ』

とまで言われてしまう始末。。

母親からのプレッシャーも、副業を頑張る原動力だったかも…

で、

今は事実上職を変え車を導入し、奥さんのために動く時間をたっぷり取れるようになりました。

他にも、食後の食器洗いや掃除機がけ、子供を風呂に入れて寝かしつける、などなど、夫&父としての貢献をしています。

それから、奥さんのどうでもいい話(失礼)を延々と毎日、拝聴しております。

最近だとPTAの会合で起こっている揉め事についての愚痴とか(笑)。

もちろん生活費も稼いでいます。収入は、会社員時代の4〜5倍になりました。

夫婦喧嘩の原因No.1は

お金

だと世間では言われていますが、金持ちの男性に嫁げばもれなく幸せになれるかといったら、それも答えではありませんよね。

とはいえ貧乏だと家族の仲はギスギスしやすいかもしれません。

しかし、貧乏なりに創意工夫して生活を楽しむ知恵を持てる家庭だってあるはずです。

逆に、裕福な暮らしをしていても家族仲が悪かったり家庭崩壊してしまうケースも事実としてたくさん存在します。

こう考えると、

カネさえ稼げばなんとなかなる

というのは説明として片手落ちで、それはあくまでも要素の1つと思うべきですね。

では、どうすればいいのか。

どうすれば奥さんに楽しく明るく過ごしてもらえるのか。

これをコツコツ考えた結果、たどり着いた結論があります。

それは、

お金とか思いやりもさることながら、

『夫が健康でいること』

じゃないですかね。

端的に言うと、旦那がしんどそうに、体調悪そうにして頑張っていたらどう考えても嫌じゃないですか。

その上、

『俺はこんな思いまでして家族のために頑張っている。この犠牲の上に生活が成り立って〜』

なんて彼が言い始めたらどうか。

もちろん感謝はしてくれるでしょうけど、これを以って『我が家はハッピー!』と心底思えるかどうか。

旦那が毎日快活に行動して、家族のために時間も割いてくれて。さらには悩みが生じない程度の稼ぎも持ってきてくれる。多くを望んだ話ではないはずですが、これが出来ている夫は世の中に少ないです。

だから、私はそんな夫達をこれから増やしたいと思っています。

上記を叶えるための具体的なHowとして、私自身は以下の5つを実践しています。

1. ストレッチ

…私は生まれつきの身体の硬さを改善すべく、昨年6月から週1ペースでストレッチ専門店に通っています(1回60分)。

自分ではできない可動域でみっちり関節技をかけてくれるので(笑)、毎回、施術が終わった後は身体が思い切り軽くなります。加えて、毎日お風呂上がりにセルフストレッチもやっています。

これに取り組んだ結果、前屈が最初は地面から15cmだったのが今では地面まで届くように!!

以前はあぐらをかいたり靴下を履いたり自転車に乗る時にしんどかったのが随分と楽になりました。肩こりも軽減してます。

ネット起業家はどうしても長時間座ってPCワークをしてしまうので、こういうメンテナンスは超絶に大事ですね。

何歳になっても元気よく動けるようになるための大事な投資です(月3万円くらい)。

2. 筋トレ

…最近はストレッチに注力しているので控えめにしていますが、プッシュアップバーを使った腕立てとダンベルによる筋トレを継続的にやっています。

娘と公園で遊ぶ時は必ず遊具を使って懸垂をやります。旅先でも、朝に宿の近くの公園で何らかのエクササイズをやってますね。

以下の画像は、香港は尖沙咀にある九龍公園にて懸垂に励んだ時の様子です(笑)。

今が、これまでの人生で一番身体が仕上がっている状態です。高校生の頃は痩せて不健康な感じでしたけど、今は細マッチョ的な感じなので、10代の頃よりも力強いビジュアルになっているような気がします。

筋肉がつけば気持ちも明るくなって、自信が湧いてきますよ!

3. しっかり睡眠

…基本、8時間睡眠です。

疲れていて足りない時は昼寝もします。

5時間睡眠でもやれるんでしょうけど、やはりグッスリ眠って頭がシャキッとしている方がコンテンツ制作もより楽しくなるものです。

ただ、人間はちょっとぐらい寝なくても戦える動物ですので、大事な局面ではその時間をいくらか削って最優先事項の実践に充てる、という時期があってもいいと思います。

私はブログで月収30万円を達成した時期と情報発信ビジネスで月収400万を達成した時期は、そんな感じでガツガツやってましたね。

4. 早めのパブロン

…この2年くらい、風邪をひくことが激減しました。

理由は、上記のように身体にイイ生活を送っていることと、ちょっとでも風邪の兆候が見られたらパブロン飲んで暖かくして寝る、いうようにしているからだと思います。

パブロンじゃなくても、葛根湯とかビタミンの多い食品とかを適したタイミングで摂取するというのを意識したらいいんじゃないでしょうか。

調子が悪い時は、調子のいい時と同じ生活をしない方がいいという感じです。

ちなみにパブロンはシナモンの味がして好きです(問題発言)。

5. 少ない労力で大きく稼ぐ

…収入があっても忙しかったらキツいですし、暇があってもお金がなかったら家族が大変です。

だから、ネット起業です。

レバレッジ(てこの原理)を使った戦術で、PCとインターネット環境さえあればいつでもどこでも価値提供できる仕事をします。

この原稿は赤坂見附のエクセルシオールで書いてますが、移動の合間にサクッと実行できるミッションの数々を楽しくこなすのが俺流です。

この仕事術があるから睡眠時間を確保できるし、筋トレやストレッチに取り組む余裕が生まれているんですね。

健康で、ある程度は稼いできて、そして家事育児も多く分担してくれる。長時間、話し相手にもなってくれる。そして、見ていると毎日楽しそうに過ごしている。

そんな夫でいたい。

 

いかがでしょうか。

今日は、嘘偽りなく私の現状をリポートしました。

もちろん、私にも不安に思っていること、解決しなければならない問題はありますよ。キラキラなんてしてません、日々、いろんな戦いの連続です。

でも、それを差し引いても、この5年ほどを振り返ってみて

『頑張ってよかった』

と思えるような結果を出せた今日を過ごしています。

あなたが上記をお読みになってみて、単なる自慢話に思えたか、嘘くさい創作話に思えたか、それとも…希望と期待に溢れる明日を予感できたか。

ぶっちゃけた本音を言うとですね、

今の私は自慢話をして

『いいな〜』

と羨望されるステージはもう卒業してまして、

『感謝されることの喜び』

を楽しめるステージに身を置いていると自分では思っています。

先日も、私が動画制作をプロデュースしているYouTuberの方から

『貴方のおかげでこれまでの人生で今が一番楽しいです。ありがとうございます』

と、お礼のお言葉を頂戴しました。

羨望されて得られる快感の比じゃないくらい、幸せな気分です。楽しくカッコよく生きることで家族愛も育んでいけたらと思う次第であります。

これが私のリア充論ですね。

今日は、そんなところです。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました